知らないと恥ずかしい!領収書の書き方 / ルール総まとめ

会社やアルバイトで領収書をお客様に発行したり、またその逆で会社の経費として計上する為に、領収書の発行を依頼する事が多々ありますね。

今日はそんな領収書に関する、知らないと恥ずかしい「領収書の常識 / ルール」をお送りします。

宛名は正確に

上様でお願いします。こんなやり取りがかつて記憶にありますが「上様」では
税務調査が入った場合に、経費として認められない可能性あります。正確な会社名を誤字の無いように記載しましょう。

但し書きは具体的に

但し書きは何に対する支払いなのかを具体的に明記する必要があります。「お品代として」という表記は一般的に使われがちですが、正式な領収書として認められない場合がありますので「タクシー代」「昼食代」など具体的な支払いを明記しましょう。

必須記載事項記(発行者側)

発行者は以下の記載をする必要があります。
・発行日付
・領収書発行側の名称 / 住所 (ゴム印でも可)

金額の記載

金額の改正や改ざんが後から出来ないように、数字の前と後ろには以下のような記述を行います。また金額は3桁毎にコンマ[,]を打ちましょう。
¥1,000,000ー
¥1,000,000※
金1,000,000也

3万円を超える場合は印紙が必要です。

印紙税法により、一定の金額の領収書を発行する場合には印紙税として収入印紙を貼らなければけません。

3万円未満 → 非課税
3万円以上100万円以下 → 200円
100万円を超え200万円以下 → 400円

また収入印紙と領収書原本の間には割印を押さなければなりません。収入印紙を張らないと脱税にあたりますので気をつけましょう。

領収書でも領収証でも経費はおりる

基本的に効力は同じですので、どちらも正式な書類として認められます。
領収の事実(宛名・発行日付・金額・費目・発行者名称)が記載されていれば問題ありません。

以上、知らないと恥ずかしい!領収書の書き方をお送りしました。参考になればと幸いです。